オンライン予約はこちら

整体サロン 碧

2019.03.05

ぎっくり腰の対処法

整体サロン碧の小波津です 🙂

今回はぎっくり腰はなぜ起こるのか、そして起こった場合の対処法についてお話しします。

ぎっくり腰が起こる時には2つのパターンがあります。

ふとした動作の時にずきんと腰に痛みが走り、そのまま動けなくなってしまう場合と、なんとなく腰の違和感を感じているところからだんだん激しい痛みに変わり動けなくなってしまうパターンです。

痛みの度合いにもよりますが、歩くのも辛いような激しい痛みの場合には、安静にしている事が1番です。無理に動かそうとせず痛みのない姿勢で過ごしてください。

 

冷やしたほうがいいのか?温めたほうがいいのか?どちらの節もありますが、私のサロンではぎっくり腰を起こした当日は湿布などで冷やし、2日目以降はお腹や腰を温めてくださいとお伝えしています。

 

いくら動くのが辛くても食事をしたりトイレに行ったりと動かなければいけない状況が出てきますよね、その時の体の使い方のポイントは関節と膝をうまく使うことです。

トイレで座る時もできるだけ腰を動かさず股関節と膝を曲げて座ります

立ち上がる時はどちらか片方の足を前に出し、その膝に両手を当てそこに体重を乗せるようにして立ち上がると楽に立ち上がれます。イメージは着物を着て帯で腰が固定されている感じです。痛みが辛い場合にはコルセットを使用しても良いでしょう

 

ぎっくり腰のような急性の痛みは、時間の経過とともに痛みが軽くなる場合がほとんどです。ただしぎっくり腰を起こした原因は改善されていないので、また疲労や筋肉の負担が大きくなるとぎっくり腰を起こすことが多いです。これがぎっくり腰が癖になると言われている理由です

「ぎっくり腰は癖になる」を断ち切るためには根本原因を見直す必要がありま

骨盤のねじれや体のバランスを整えて、身体に負担のない姿勢で過ごせるようになるとぎっくり腰を起こさない体を作ることができますよ

もし何度もぎっくり腰を繰り返し悩んでいる方はぜひいちどご相談ください 😛

have a good day…

○整体サロン碧○
ㅤㅤㅤㅤ
東京都新宿区西新宿3丁目13-11いづみタウン新宿407 ㅤㅤㅤㅤ
営業時間 月~土(11:00~20:00)
ㅤㅤㅤㅤㅤ第2.4日曜(11:00~18:00)
定休日 水曜日、第1.3.5日曜
クービック予約システムから予約する